アポクリン腺

アポクリン腺が活発になる原因

ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗が原因と言われています。アポクリン腺から出る汗は皮脂などが混ざっていて酸化しているので強い臭いが発生してしまいます。

 

そのためアポクリン腺が多い人がワキガになりやすいと思われますが、アポクリン腺が活発にならなければ汗も出なくなるので臭いが発生する事もありません。ワキガを予防するにはアポクリン腺を活発にしないという事が重要なのでアポクリン腺が活発になってしまう原因を見ていきましょう。

 

まずアポクリン腺が活発になってしまう原因として挙げられるのが脂質の多い食べ物を中心とした食生活をしているという事でしょう。脂質の多い食べ物は肉類などが挙げられますが、肉類には動物性タンパク質がたくさん含まれています。

 

動物性タンパク質はアポクリン腺を活発にしてしまう働きがあるのでワキガの原因にもなってしまいます。そのためアポクリン腺を活発にしないために肉類を控えるようにした方がいいでしょう。次にストレスを溜め過ぎてしまうとアポクリン腺が活発になってしまいます。

 

ストレスを溜め過ぎてしまうと緊張状態になるのでアポクリン腺も活発になってしまい強い臭いの汗が分泌してしまいます。そのためアポクリン腺を活発にしないためにストレスを発散しておく事が大切になってきます。

 

アポクリン腺についてはこちら

 

ワキガの改善ポイントとして

ワキガというのは、改善ポイントがいくつかあります。その一つとしてあるのが、食事です。実は食生活を改善することによって、多少ワキガを抑えることができるようになります。

 

これこそが非常に良い方法であり、内部から変えるという意味では最高といえます。後は外部的なことを変えるしかないです。要するに腋を清潔にするとか腋毛を剃るとかそうした行為になります。

 

どれも大して難しいことはありませんから、しっかりと実行してみることです。できることをコツコツと積み上げて行くことによって、かなりしっかりとワキガの臭いを対策できるようになります。

 

改善ポイントは清潔にすることとできるだけ食事を健康的な物にすることです。それだけでも十分にメリットがあることがわかっています。それと食事というわけではないですが、煙草は控えた方が良いでしょう。

 

そうすることによって、アポクリン腺から出てくる汗の性質を少しではありますが改善をすることができます。本当に僅かなことではありますがそれでもやらないよりは遥かにマシであるといえます。

 

ワキガは体質による部分が大きくあります。ですが、改善できる要素も沢山あるわけです。それを実行して行くのが大事になります。