クリアネオ 加齢臭

クリアネオで加齢臭対策できる?!

クリアネオ加齢臭

40代を過ぎた辺りから、周りの人と至近距離になった時に嫌な顔をされた事ってありませんか?

 

それはきっと加齢臭と呼ばれる臭いのせいです。

 

自分が周りに悪臭を放つようになるなんて悲劇が訪れるなんて、思ってもみなかったと思いますが、これからその悲劇を繰り返さないためにもこれから加齢臭の原因とその対策について説明していきます。

 

加齢臭ってどうして起きるの?その原因ってなあに?

加齢臭が起きる原因としては、40代といった中年に突入して内臓の機能が衰える事が一番の原因ですが、それにプラスして様々な要因が重なりながら症状が悪化しているようです。

 

例としては、

 

・不規則な生活習慣

 

・偏食

 

・喫煙

 

高血圧〜メタボ臭

体内の酵素の量が年齢と共に減少していく事によって、ステーキや焼き肉といった肉類を食べた時にしっかり消化できずに体脂肪として蓄積されてきます。

 

その蓄積された脂肪が増える事によって皮脂腺から出る脂肪酸が酸化して、不飽和アルデヒドへと変化します。さらに皮脂や表皮に存在するバクテリア菌から、ノネナールといった臭い菌が発生します。

 

これらは特に首周りに発生するので、もしもワイシャツの襟が黄ばんでいたらノネナールが大量に発生している証拠です。

 

これは普通にシャワーを浴びるぐらいでは臭い菌を撃退する事はできないので、クリアネオのような臭い菌対策専用のケア製品を活用しながらしっかりケアしていきましょう。

 

クリアネオにはボディソープもあるので、まずは入浴時やシャワーの時にそれでしっかりと臭い菌を落として清潔な状態にしてから、その後にクリアネオクリームを塗り込むケアがお勧めです。

 

肝機能の低下〜アルコール分解が正常に行われなくなる

肝機能が低下する事によってアセトアルデヒド分解酵素の分泌が滞る事によって、アルコールやアセトアルデヒドが体内に蓄積されてきます。

 

アセトアルデヒドは毒性が強いので体内で蓄積されていく事によって、異様な刺激臭を発するようになります。

 

普段から飲酒の習慣がある人や飲み会が多い人は、要注意です。

 

ストレスによる免疫能の低下〜疲労臭

40代〜60代といった世代は仕事で責任のあるポストを任される機会が増えてくるので、そういったストレスによって自律神経の働きにも支障が生じてきます。

 

交感神経と副交感神経の働きが狂う事によって、汗腺に異常が生じ、汗の中に疲労物質である乳酸やミネラルが混入してしまうのです。

 

ミネラルや乳酸が入り混じった汗は、べたべたしていて乾くのにも時間がかかります。それで中年のおじさんは体中からギラギラした汗でみなぎっているのでしょう。

 

脂汗は普通の石鹸ではなかなか落ちないし繰り返し出てくるので、殺菌、抑臭効果の高いクリアネオボディソープでしっかりと脂汗を洗い流し、その後にクリアネオクリームでケアしていきましょう。

 

クリアネオには、殺菌作用の高いパラフェノールスルホン酸亜鉛とイソプロピルメチルフェノール成分が配合されているので、臭い菌の繁殖を防ぎながら使い続けるうちに臭いの元をシャットアウトしていきます。

 

但し臭いの原因も内臓機能の低下や生活習慣の乱れ、暴飲暴食、飲酒、喫煙といった場合ですと、ホルモンの分泌や内臓機能に異常が生じている可能性が高いので、単発で使用してもまた臭いが再発する可能性が高いです。
それでも症状を緩和するために、長く継続してケアしていく事をお勧めします。

 

まとめ

今回は加齢臭の原因とその対策方法について解説していきましたが、しっかりと理解できましたか?

 

飲酒が悪いとわかっていても仕事上の付き合いで断れなかったり、加齢による内臓機能の低下は自分の力だけでは改善できない事もあります。

 

でも臭いが発する際には、まずは菌から発生するので、その菌をクリアネアのクリームやボディソープを活用していきながら少しずつ減少させていく事は可能です。

 

クリアネオには臭い菌を撃退する成分以外にもユーカリ成分や植物性の成分といった良い香りの成分も配合されいているので、臭い菌撃退と同時にさわやかな香りを振りまく効果もあるのです。

 

これから年齢が増すにつれて臭い菌との闘いも長引きそうですが、諦めずに頑張ってシャットアウトしていきながら、良い香りを放つ大人の魅力をアピールしていって下さいね。

 

クリアネオ参考ページ